コンテンツにスキップする

バイデン大統領、未接種者は「重病と死の冬」迎えると警告-接種促す

  • オミクロン株、はるかに速いペースで拡散し始めていると大統領
  • 米CDC当局者、オミクロン株が医療崩壊引き起こす恐れ

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

バイデン米大統領は16日、新型コロナウイルスワクチン未接種の米国民は「重病と死の冬」を迎えることになると警告し、米国で感染者が急増しオミクロン株も広がる中で初回免疫・追加免疫接種を行うよう促した。

  大統領はホワイトハウスで新型コロナ対策チームから説明を受けた後、ワクチン接種を受けるべき時が来ていると発言。「われわれがそれを行えば経済の回復を守ることになるし、学校や企業は休まないで済むだろう」と訴えた。

President Biden Meets With Members Of White House Covid-19 Response Team
ホワイトハウスで新型コロナ対策チームから説明を受けるバイデン大統領(12月16日)
Source: Yuri Gripas

  バイデン大統領はオミクロン株について、政権が講じた措置により国内への流入と感染拡大を遅らせることができたものの、「現在は国内に入って広がっており、増えるだろう」とした上で、従来株や他の変異株と比べて「はるかに速いペースで」拡散し始めていると述べた。

  米疾病対策センター(CDC)のワレンスキー所長は今週、オミクロン株感染が既に全米の感染者の3%を占めており、ニューヨーク、ニュージャージー両州では13%に達していると推定されると述べた。

  また大統領の首席医療顧問を務める米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長は16日、オミクロン株が数週間内に米国で主流になるとの見通しを示した。

オミクロン変異株、近いうちに米国で主流になる-ファウチ氏

  CDCの当局者はこの日、オミクロン株が医療崩壊を引き起こす可能性があると警告。クリスマスまでに米国内で130万人が感染する可能性があるとの見通しを示した。

原題:

Biden Says Unvaccinated Face Winter of Severe Illness, Death (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE