コンテンツにスキップする

GM自動運転部門クルーズのCEO退任-理由不明、時間外で株価下落

From
  • 0.4%安で通常取引終了、時間外取引で一時2.7%安の56.80ドル
  • クルーズの共同創業者カイル・フォクト氏が暫定CEOに就く

米ゼネラル・モーターズ(GM)が過半数株式を保有する自動運転車スタートアップ企業のクルーズは16日、ダン・アマン最高経営責任者(CEO)が退社すると発表した。

  GMはアマン氏(49)の退社の理由について明らかにしていない。GMの社長だったアマン氏は2019年にクルーズに移籍。この日の米株式市場でGM株は0.4%安で通常取引を終えた後、時間外取引で一時2.7%安の56.80ドルを付けた。

  クルーズは先月、アシストドライバーなしで走行する自動運転タクシーの有料サービスの許可をカリフォルニア州公共事業委員会に申請。GMのメアリー・バーラCEOは向こう6年ほどで売り上げが500億ドル(約5兆6800億円)規模に成長すると見込まれるクルーズに期待している。

  GMはこの日の発表文で、クルーズの共同創業者カイル・フォクト氏が暫定CEOに就くことを明らかにした。

原題:Cruise CEO Dan Ammann Leaves GM’s Self-Driving Car Unit (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE