コンテンツにスキップする
Photographer: Stefani Reynolds/Bloomberg
Cojp

インフレとの闘いに動く主要中銀、低い債券利回りに試練

  • 英中銀が予想外の利上げ、米金融当局は来年3回の利上げ示唆
  • 引き締め局面に入ろうとしている、ベアフラット化予想-ホルマン氏

世界の主要中央銀行が今週相次ぎ開いた金融政策決定会合を消化する中で、投資家らは世界的な債券利回りの著しい上昇に身構えている。残された問題は時期だけだ。

  向こう1年の金融政策が引き締め方向に傾く中で、中銀がインフレとの闘いを強化するため利上げペースを加速させる必要があるなら、現在の債券利回り水準は低過ぎるように見受けられると投資家らは警鐘を鳴らす。

英中銀、予想外の利上げ-新型コロナの影響よりインフレを重視

  イングランド銀行(英中央銀行)は16日、市場予想に反して2018年以来となる利上げを決める一方、米金融当局は15日、来年に3回の利上げを見込んでいることを示唆。欧州中央銀行(ECB)は金利が低めにとどまるとの見解をあらためて示したが、インフレ見通しは引き上げた。

FOMC、テーパリングを2倍に加速-22年の3回利上げを示唆

  ロンドンを拠点に債券を専門とする投資会社、トウェンティフォー・アセット・マネジメントのマーク・ホルマン最高経営責任者(CEO)は、「われわれは引き締め局面に入ろうとしており、長期あるいは短期ゾーンの利回りには良くない」と指摘。「われわれが見込むのはベアフラット化だ。起きるまで幾分の時間が必要なだけだ」と話す。

パウエル議長、物価高が最大の敵-景気拡大と労働市場の活況回復で

  現時点では物価の加速が新型コロナウイルス感染症に伴うさらなるロックダウン(都市封鎖)の脅威を上回る中で、主要中銀は今週の会合でインフレへの対処に向けた信認強化に動いた。これが米英欧中銀の会合後に発せられた主な国債市場に対する重要なメッセージとなっている。

関連記事

ベイリー英中銀総裁、「一段と持続的なインフレ」の兆候みられる

ECB、従来の資産購入プログラム増額へ-PEPPは3月で終了

ECBが2022年に利上げする可能性は極めて低い-ラガルド総裁

原題:Low Yields Are Challenged With Central Banks Fighting Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE