コンテンツにスキップする
Photographer: Samuel Corum/Bloomberg
Cojp

FRBなど主要中銀、インフレが最大の脅威-コロナ対応の優先度低下

  • 今週の政策決定会合で緩和縮小・解除や引き締めに運営姿勢を転換
  • コロナ禍がもたらす需要面の影響から供給面の影響に重点はシフト

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米連邦準備制度や欧州中央銀行(ECB)、イングランド銀行(英中央銀行)は今週の政策決定会合で一つの大きな判断を下した。それは、各国・地域の経済にとって最も深刻な脅威はインフレ高進であって、新型コロナウイルス対応の優先度は低下したというものだ。

  これら主要中銀は過去2年近くのパンデミック(世界的大流行)を通じ、感染拡大の新たな波の打撃を予測し、コロナ禍が経済や雇用に及ぼす影響を和らげることに主な重点を置いてきた。しかし、もはや状況は変わりつつある。

  程度の違いはあるものの、米連邦公開市場委員会(FOMC)とECB、イングランド銀は緩和縮小・解除や引き締めに政策運営姿勢を転換。インフレ抑制に軸足を移した。

Not Fade Away?

Actual and forecast consumer-price inflation

Source: Official data / Bloomberg economist surveys

  米金融当局は15日、債券購入プログラムのテーパリング(段階的縮小)加速を決めるとともに、来年3回の利上げ見通しを公表。16日にはイングランド銀がパンデミックが始まって以降、主要7カ国(G7)で初の利上げに踏み切った。ECBも同日、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を予定通り来年3月に終了させることにした。

関連記事

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)の米金利戦略責任者、マーク・カバナ氏は「新型コロナだけを理由に、米金融当局など主要中銀が現在目にしているようなインフレ高進の極めて強力なシグナルを無視しなければならないと感じている様子はうかがわれない。実際、正反対の動きとなっている」と話した。

  こうした転換の背景には、コロナ禍の終息はない一方で、各国・地域がそれとの共存の方法を把握しつつあり、新たな変異株の出現のたびに経済への影響は徐々に小さくなっていくという判断がある。

  ECBのラガルド総裁は16日、「多くの人々がワクチン接種を済ませ、ブースター(追加免疫)接種のキャンペーンも勢いを増している。パンデミックの波とそれに伴う行動制限に社会はうまく対処するようになり、経済への打撃は減退している」と語った。

  さらに、中銀当局者がコロナ禍におけるインフレ高進について理解を深めるのにつれて、感染再拡大が経済にもたらす打撃を巡って以前とは異なる見解に至った点も挙げられる。

  パンデミックの初期にあっては、感染拡大抑制のためのロックダウン(都市封鎖)が個人消費の重しとなるとして、金融緩和策で需要を喚起することに関心が集中した。だが今では、行動制限が物資の供給や輸送の制約となって物価を押し上げることにも当局者の間で懸念が広がり、金融引き締め方向への転換を後押ししている

  ドイツ銀行のエコノミスト、サンジェイ・ラジャ氏(ロンドン在勤)は「これまでの経済枠組みは需要の伸びにどんな影響があるかだった。現在は需要への影響と供給への影響との間の綱引きとなっており、計算に変化が生じている」と説明した。

How Tight?

Two-year bond yields -- a guide to where markets think short-term rates are headed -- surged as central banks pivoted to fighting inflation

Source: Bloomberg

  米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は15日の記者会見で、デルタ株感染拡大には需要抑制と供給制約の両面があったと指摘し、オミクロン株出現でもテーパリングを加速して来年3月で終了する方針を手控える理由にはならないとの立場を示した。

  各国・地域の中銀当局者は最近まで、物価上昇は一過性のものだと主張してきたが、今ではサプライチェーンの制約やコロナ禍を受けた労働市場の変化がしばらく続く可能性を重視。インフレが定着すれば家計や企業のインフレ期待が高まり、自己実現的な物価高につながる事態を懸念している。一過性なのはむしろ、新たな感染の波もしくは、少なくとも経済的影響であるとの見方に事実上、転じている形だ。

記者会見でテーパリング加速の決定について話すパウエルFRB議長
Source: Bloomberg

原題:

Central Banks Bet Economies Can Tolerate Omicron, Not Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE