コンテンツにスキップする

【新型コロナ】中国製造業ハブが制限措置強化、豪NSW州で感染拡大

更新日時
  • シタデルなど米投資会社、リモート勤務許可に転換-オミクロン脅威
  • NY市の新規感染者、「警戒要する傾向」と保健・精神衛生局長

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

中国製造業の中心地、広東省は新型コロナウイルスの新たなクラスター発生を受け、制限措置を強化している。オミクロン変異株が市中で広がっている兆候が見られている。

  同省東莞市の大朗鎮では8人の感染を受け、ロックダウン(都市封鎖)が実施されている。

relates to 【新型コロナ】中国製造業ハブが制限措置強化、豪NSW州で感染拡大
東莞市の大朗鎮でコロナ検査を行う医療従事者(12月14日)
 

  バイデン米大統領は16日、新型コロナワクチン未接種の米国民は「重病と死の冬」を迎えることになると警告し、米国で感染者が急増しオミクロン株も広がる中で初回免疫・追加免疫接種を行うよう促した。

バイデン大統領、未接種者は「重病と死の冬」迎えると警告-接種促す

  ニューヨーク市保健・精神衛生局のチョクシ局長は市内の新規感染者の移動平均がこの1カ月で3倍になっており、「警戒を要する傾向」を示しているとした上で、今後さらに増加する見込みだと記者団に語った。

  米シタデルやブラックストーン、ミレニアム・マネジメントなどヘッジファンド運営会社や資産運用会社は今週、新型コロナの最近の感染急拡大に対応し、少なくとも今後数週間は従業員にリモートワークを許可する方針を示している。

シタデルなど米投資会社、リモート勤務許可に転換-オミクロン脅威で

  英国の新規感染者数は8万8376人と、パンデミック(世界的大流行)が始まって以来の最多を前日に続き更新した。オミクロン株の広がりの速さがあらためて浮き彫りにされた。ロンドン金融街シティーからは再び喧噪(けんそう)が消えた。シティーのオフィス従業員で13日に出勤した人は全体の半分程度と、9月以降で最も少なかったことをグーグルの位置情報データが示した

  オーストラリアのニューサウスウェールズ州では17日に報告された新規感染者が2213人と過去最多を更新した。1週間前は158人だった。

  シンガポールは5-11歳の子供へのワクチン接種を月内に開始する準備を進めている。

  米疾病対策センター(CDC)は新型コロナ感染予防で成人の接種に使うワクチンとして、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の製品よりも、モデルナとファイザーのメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンの方が望ましいと勧告した。J&Jのワクチンは、まれながらも深刻な血栓を引き起こすリスクが指摘されている。

CDC、ファイザーかモデルナ製の使用を勧告-J&J製に血栓リスク

  バイデン米大統領の首席医療顧問を務める米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長は16日、オミクロン株について、英国や南アフリカ共和国の現状を踏まえると「近く米国で主流になるだろう」との見通しを示した。

オミクロン変異株、近いうちに米国で主流になる-ファウチ氏

  主要7カ国(G7)の保健担当相は16日、今年の議長国・英国の下で最後の会合を開催した。同日に発表された共同声明によると、オミクロン株の「極めて懸念すべき」状況を特に注視している。

オミクロン株は「世界の公衆衛生にとって現在最大の脅威」-G7

  米銀シティグループはニューヨーク都市圏の従業員に対し、年末年始のホリデー期間は可能な限り在宅勤務とするよう指示した。同地域で新型コロナ感染が再拡大していることを踏まえた方針だとしている。

 

Emptying Out

Workers fall to lowest since September

Source: Google mobility reports

Note: Comparison is with the baseline for the corresponding day of the week in the five weeks through Feb. 6, 2020

  フランスはオミクロン変異株の感染抑制を狙い、英国からの渡航者に対する制限を厳格化する。不要不急の渡航や商用目的の入国は認めず、入国を許可するフランス国民とその家族、居住者らには隔離を義務付ける。

  英アストラゼネカが開発した抗体カクテル療法「エブシェルド」は臨床試験でオミクロン株に対し中和作用を維持したと、同社が16日、明らかにした。

  欧州連合(EU)の医薬品規制当局、 欧州医薬品庁(EMA)は、米ファイザーが開発中の新型コロナ患者向け経口薬「パクスロビト」について、成人への使用承認を勧告した。

  ロンドンの調査会社エアフィニティーによると、ファイザーは「パクスロビト」の2022年の売り上げが約170億ドル(約1兆9300億円)に達し、200億ドル規模に膨らむとみられるコロナ治療薬市場で圧倒的な地位に立つ見通しだ。

  オミクロン株の増殖ペースをそれまでの変異株や変異前ウイルスと比較したところ、気管支内では大幅に速い一方、肺の組織では大幅に遅いことが香港での研究で示された。同変異株は非常に急速に感染が広がる半面、一部では症状が比較的軽く済む可能性が指摘されており、今回の研究はその説明になり得る。  

オミクロン株の増殖ペース、感染力と軽い症状の手掛かり-香港の研究

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は2億7290万人、死者数は533万人をそれぞれ上回った。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界のワクチン接種は計86億回を超えた。

原題:China Industrial Hub Tightens Curbs; Biden Warning: Virus UpdateCiti Tells NYC Workers to Stay Home; U.K. Record: Virus UpdatePfizer Set to Dominate $20 Billion Covid-Pill Market in 2022 (1)(抜粋)

(中国や豪州などの情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE