コンテンツにスキップする

アドビ株急落、第1四半期と通期の売上高見通しが市場予想下回る

  • 第4四半期の売上高と利益はいずれも市場予想を上回る
  • 株価は一時10%安、年初から前日終値までに約26%上昇

ソフトウエアメーカーの米アドビが示した2021年12月-22年2月(第1四半期)および22年通期の売上高見通しはアナリスト予想に届かなかった。これを受けて、同社の株価は一時10%急落した。

  16日の同社発表によると、第1四半期の売上高は約42億3000万ドル(約4810億円)に達する見通し。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均は43億6000万ドルだった。一部項目を除いたベースの利益は1株当たり最大で3.35ドルになるもよう。アナリスト予想平均は3.40ドル。

  通期の売上高は179億ドル、利益は1株当たり13.70ドルに達する見込み。市場予想は売上高が182億ドル、利益は14.20ドルだった。

  アドビは同社の予想について、ドル高などを考慮に入れたと説明した。

  同社は長きにわたりプロ向けのウェブデザインソフトウエア市場を独占してきたが、グラフィックスや動画作成を容易にするツールの提供で一般ユーザーの取り込みを狙う中、競争激化に直面している。

  16日の米株式市場で、アドビの株価は一時10%安の567.13ドル。年初から前日終値までに約26%上昇していた。

  21年9-11月(第4四半期)の売上高は20%増の41億1000万ドル、一部項目を除く1株利益は3.20ドルで、いずれもアナリスト予想平均を上回った。

原題:

Adobe Tumbles as Full-Year Revenue Forecast Trails Estimates (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE