コンテンツにスキップする

KKR、来年のS&P500種見通しを引き上げ-インフレ脅威でも

  • 1株当たり利益は15%増加を想定-KKRがリポートで指摘
  • マクロ経済面で向かい風要因あるが、「パニックに陥る」必要はない

米プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社KKRは、世界の株式と企業業績に対する強気姿勢を維持。一方インフレ率については、市場のコンセンサスを上回る見通しを示した。

  16日付のリポートでKKRは、2022年のS&P500種株価指数の目標を4900とし、従来の4650から引き上げた。1株当たり利益の15%増加を想定している。

  グローバルマクロおよびアセットアロケーションの責任者、ヘンリー・マクベイ氏が主執筆者を務める同リポートは、「システムになお存在する極めて過剰な流動性を恒久的に相殺するほど2022年の金融環境が引き締まるとは、われわれは考えていない」と記した。

  米国の消費者物価指数(CPI)上昇率については、KKRは来年5%に達すると予想。コンセンサス予想は3.6%となっている。

  米連邦公開市場委員会(FOMC)は15日、根強い高インフレに対応するため、資産購入プログラムを従来想定より早期に終了させる方向へと政策をシフトさせ、22年にエコノミスト予想より速いペースで利上げに動くことを示唆した。ただKKRは、新型コロナウイルス感染症(COVID19)を巡る不透明感が続いていることから、歴史的な観点から見て「より緩和的な財政・金融政策がより長期間続く」可能性が高いとみている。

FOMC、テーパリングを2倍に加速-22年の3回利上げを示唆 (2)

  KKRは、「マクロ経済面でいくつかの向かい風要因はあるものの、今はパニックに陥る時ではない」と指摘した。

原題:KKR Boosts Outlook for S&P 500, Profits Despite Inflation Threat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE