コンテンツにスキップする

UBS、中国人寿とアセットマネジメント合弁設立で協議-関係者

スイスのUBSグループは、中国人寿保険とアセットマネジメントの合弁設立について協議している。事情に詳しい関係者が明らかにした。UBSは生命保険で中国最大手の中国人寿が持つ顧客ベースへのアクセスを狙う。

  情報が非公開だとして匿名を条件に述べた同関係者によれば、両社は今年に入り覚書を交わし、デューデリジェンス(資産査定)を行うためのアクセスを認めている。

  交渉が成立した場合、中国の保険会社と外資銀行による初の合弁となる。UBSの出資比率などは決定していないという。

  UBSの広報担当者はコメントを避けた。中国人寿に営業時間外に電話をかけたが応答はなかった。

  両社の協議についてはロイターが先に報じていた。

原題:UBS Said In Talks with China Life on Asset Management JV

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE