コンテンツにスキップする

アンカレッジ、74億ドル旗艦ヘッジファンド清算-ウルリッチ氏退任へ

  • ACPは今年清算される最も規模の大きいヘッジファンドの一つ
  • 約20年にわたりCEOを務めたウルリッチ氏が会長職に退く

米ヘッジファンド運営会社アンカレッジ・キャピタル・グループは傘下のファンド、アンカレッジ・キャピタル・パートナーズ(ACP、資産額74億ドル=約8440億円)を清算し、全ての投資家に資金を返還する。今年清算される最も大きいヘッジファンドの一つとなる。

  共同創業者であるケビン・ウルリッチ最高経営責任者(CEO)が会長職に退き、ストラクチャードクレジットのグローバル責任者エール・バロン氏とリサーチのグローバル責任者チボー・グルネー氏が日々の責任を引き継ぐことも同時に明らかになった。

Getty Sub Kevin Ulrich
ケビン・ウルリッチ氏
Source: Getty Images North America

  かつて世界有数のディストレスト債ヘッジファンド運営会社の一つだったアンカレッジの経営に20年近く携わったウルリッチ氏がトップの座を降り、旗艦ファンドも清算されることになる。最近数年は市場が思うに任せず、顧客資金の流出が続いていた。

  アンカレッジは15日の顧客宛ての書簡で「われわれは投資の秩序立った現金化を通じてACPを管理し、残りの資金の投資家への返還を続ける」と説明した。同社の広報担当者はこの日の取材にコメントを控えている。

  今後は手数料の安いストラクチャードクレジット・ビジネス(180億ドル規模)と40億ドルを運用するロックアップ期間の比較的長いディストレストクレジット商品に重点を置くと書簡で顧客に伝えた。

  ケネス・グリフィン氏がCEOを務めるファンド運営会社シタデルや、イジー・イングランダー氏率いるミレニアム・マネジメントも顧客資金の長期確保を目指しており、アンカレッジもこうした動きに加わる。

原題:Anchorage to Shutter $7.4 Billion Hedge Fund, Return Capital (2)Anchorage to Close $7.4 Billion Hedge Fund as Ulrich Era Ends(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE