コンテンツにスキップする

中国、2022年成長率目標の最低ラインを5%に設定する公算大

  • 不動産規制と安定のバランス図る見込み、秋の最高指導部の人事控え
  • 目標達成には財政・金融政策の一段の緩和必要に

中国は2022年の成長率目標の最低ラインを5%に設定する可能性が高い。政府は不動産セクター規制を望む一方で、共産党の最高指導部を決める大会が秋に開かれる年に安定を目指す必要があり、双方のバランスを取ろうとしている。

   今年7-9月(第3四半期)の国内総生産(GDP)が前年同期比4.9%増と5%を下回る伸びに鈍化したことを受け、エコノミストらの成長率目標予想は新型コロナ禍前の7%近くを大幅に下回る水準に落ち着いた。中国政府が成長鈍化の代償を支払っても経済の不動産への依存を軽減する取り組みを続けるとの見通しも反映されている。

Lower Target

A 5% target would be below pre-pandemic growth rates

Source: National Bureau of Statistics, government statements, economist survey

  中国政府はこれまでほとんどの年に成長目標を設定してきた。ブルームバーグ集計データによると、エコノミスト10人のうち7人が来年の成長率目標を「5%以上」とみており、3人はこれより若干低い水準を予想した。

  政府のシンクタンク、中国社会科学院は先週、22年の成長率目標を「5%超」にするよう政府に提言した。通常、成長率目標は3月の全国人民代表大会(全人代)で公表される。

  5%超の目標を達成するには財政・金融政策の一段の緩和が必要になる。直近のデータは中国経済が11月に一段と減速したことを示し、追加刺激策を求める声が強まった。

中国経済、11月に減速-不動産市場低迷の深刻化響く (2)

  22年秋の共産党大会では習近平国家主席(党総書記)の続投が決まるとみられており、李克強首相は退く見込みだ。

Staying Above Target

Chinese growth usually exceeds the target

Source: National Bureau of Statistics, government work reports

Note: Data shows lower bound of the target. There was no target for 2020.

原題:

China Likely to Make 5% Growth Its Bottom Line for 2022(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE