コンテンツにスキップする

マスク氏納税額1兆円強か、米史上最大と主張-富の格差巡る論争の中

  • マスク氏は今年の納税額が米国人として史上最大になると主張
  • 富の不平等巡りウォーレン上院議員と論争、納税巡る批判に反論

米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は富の不平等を巡りウォーレン上院議員と論争を繰り広げているが、マスク氏が極めて多数のストックオプションを行使していることは、今年の納税額が米国人として史上最大になるとの同氏の主張を裏付けている。

  ブルームバーグの算定によると、マスク氏が来年期限を迎えるオプションを全て行使した場合、2021年の納税額は100億ドル(約1兆1400億円)を超える可能性がある。米内国歳入庁(IRS)は個人の納税申告を公表していないため、この額が過去最大か判断するのは難しいが、史上最大級となるのは間違いないだろう。

  ただ、たとえ納税額が100億ドルになったとしても、それは世界一の富豪であるマスク氏の全資産の一部にすぎない。ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、同氏の純資産は現在2548億ドルと、今年に入り950億ドル増加している。

  マスク氏とウォーレン議員の今回のツイッターでの論争は、ウォーレン氏が税法が「不正に操作」されていると批判したことから始まった。ウォーレン氏は米タイム誌の「今年の人」に選ばれたマスク氏が「実際に税金を支払い、他の全ての人々にただ乗りするのをやめさせる」ために、税法の改正を求めた。

  マスク氏はこれに対し、「2秒間目を開けていれば、私が今年米国人として史上最大の納税を行うことに気付くだろう」と反論した。

マスク氏、テスラ株の売却継続-さらなるオプション行使 

  非営利・独立系の米報道機関プロパブリカは6月、マスク氏は多大な資産にもかかわらずほとんど所得税を支払っていないと伝えていた。マスク氏はこの報道に反論しており、スペースXとテスラのいずれからも給与を受け取っておらず、ストックオプション行使に伴い53%の実効税率を支払うと指摘。また、来年はその税率が引き上げられると予想していると付け加えていた。

原題:

Elon Musk Faces $10 Billion Tax Bill as He Spars With Warren (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE