コンテンツにスキップする

米上場の中国株が大幅下落、米政府の制裁企業追加を警戒

  • ナスダック・ゴールデン・ドラゴン中国指数は3日続落して3.1%安
  • アリババやJDドットコム、再鼎医薬などの下げが目立つ

15日の米株式市場で中国株は大きく下げ、2020年3月以来の安値となった。米政府が投資・輸出に関連する制裁措置の対象企業を広げることが懸念された。

  米上場の大手中国企業で構成されるナスダック・ゴールデン・ドラゴン中国指数終値は3日続落して3.1%安。一時は6.7%下げた。売りはさまざまな業種に及び、IT企業のアリババグループJDドットコム(京東)はそれぞれ3.3%安、5.1%安となった。バイオテクノロジ-の再鼎医薬(ザイラブ)百済神州(ベイジーン)も下落率が10%を超えた。

香港株続落、SMICや薬明生物に売り-米国の中国企業制裁懸念で

Golden Dragon China Index slides to record low amid geopolitical jitters
 
 

  バイデン米政権は、中国最大の半導体メーカーである中芯国際集成電路製造(SMIC)に対し、より厳しい制裁を検討していると、事情に詳しい複数の関係者が語った。

バイデン政権、中国半導体最大手への制裁厳格化を検討-関係者

  また英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、米政権が投資禁止リストの掲載企業を増やす方針で、一部の企業は新疆ウイグル自治区の少数民族の監視に関与した疑いが持たれていると報じている。

米政府、DJIなど中国8社を投資禁止リストに追加へ-報道

原題:China Stocks Listed in the U.S. Retreat on Sanction Fears (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE