コンテンツにスキップする

ソフトバンクG、幹部アクシェイ・ナヘタ氏が退社に関し協議中-関係者

ソフトバンクグループの幹部アクシェイ・ナヘタ氏が退社に関して協議中だと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。同氏はこれまで、同社での複数の大型案件に関わってきた。

  ナヘタ氏は自身が立ち上げたロングオンリーのファンドに集中するため、ソフトバンクGの顧問となることに関して交渉しているという。関係者らは、協議がまだ継続中だとして匿名を条件に語った。ナヘタ氏は現在、同社の上場株投資を率いている。

  ソフトバンクGでは昨年3月以降、7人のマネジングパートナーが退社。唯一のシニア・マネジング・パートナーであるディープ・ニシャール氏も年内には去る。

ソフトバンクG孫社長を悩ます報酬問題、不満でビジョンFの人材流出

  ソフトバンクGの広報担当はコメントを控えた。ナヘタ氏の退社に関する条件は最終決定されておらず、最終的に同社にとどまる可能性もあると関係者らは語った。

孫正義氏囲むドイツ銀出身者たち、ソフトバンクグループの戦略動かす

原題:SoftBank Senior Executive Akshay Naheta in Talks to Leave(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE