コンテンツにスキップする

米小売売上高、市場予想を下回る-インフレによる消費抑制を示唆

更新日時
Shoppers walk through the Easton Town Center shopping mall in Columbus, Ohio, U.S., on Friday, Dec. 10, 2021. 

Shoppers walk through the Easton Town Center shopping mall in Columbus, Ohio, U.S., on Friday, Dec. 10, 2021. 

Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

11月の米小売売上高は市場予想よりも低い伸びにとどまった。数十年ぶりの高インフレを背景に消費行動が抑制されつつある状況が示唆された。

キーポイント
  • 小売売上高は前月比0.3%増加
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.8%増
    • 前月は1.8%増(速報値1.7%増)に上方修正
  • ガソリンと自動車を除くベースでは0.2%増加
    • 市場予想0.8%増
  • 数字はインフレ調整していない

Spending Pullback

U.S. retail-sales measures both increased 0.3% in November, missing forecasts

Source: U.S. Commerce Department, Bloomberg survey

  予想を下回った今回の統計は、多くの消費者がサプライチェーンの混乱を意識して、例年より早い時期にホリデーシーズンの買い物を済ませたことも反映している可能性がある。10月の小売売上高は7カ月ぶりの大幅増だった。

  11月は小売売上高の13カテゴリーのうち5つが前月比で減少。電子製品・家電販売店の落ち込みが目立った。電子商取引を含む無店舗小売りは、ほぼ横ばい。

  ガソリンスタンドや食料雑貨店などの売り上げ増は、価格上昇が一因の可能性がある。唯一のサービス分野である飲食店の売上高は1%増となった。

  国内総生産(GDP)の算出に使用される飲食店と自動車ディーラー、建材店、ガソリンスタンドを除いたコア売上高は0.1%減少した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Retail Sales Trail Forecast, Suggesting Drag From Inflation(抜粋)、U.S. Nov. Retail Sales Rose 0.3%, Below Estimate(抜粋)

(統計の詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE