コンテンツにスキップする
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
Cojp

原油高で輸入が過去最大、貿易収支は9548億円の赤字-11月

更新日時
  • 輸入8兆3218億円-原粗油129.2%増、液化天然ガス136.1%増
  • 輸出7兆3671億円、11月として最大-鉄鋼87.8%増、自動車4.1%増

財務省が16日発表した11月の貿易統計(速報)によると、輸入は前年同月比43.8%増の8兆3218億円と過去最大となった。輸出から輸入を差し引いた貿易収支は9548億円の赤字で、4カ月連続のマイナス。赤字幅は市場予想(6003億円)よりも大きかった。

  原油価格が引き継き高値圏で推移する中、輸入は原粗油が129.2%、液化天然ガスが136.1%、石炭は195%それぞれ増加した。

  輸出は11月としては最大で、伸び率は6カ月ぶりに前の月を上回った。鉄鋼が87.8%増、半導体等製造装置が44.7%増と引き続き好調だった。供給制約が和らいだ自動車は4.1%増と前月のマイナス(36.7%減)からプラスに転じた。

  地域別では米国向け輸出が10%増と2カ月連続プラス。中国向けは16%増と1年5カ月連続でプラスだった。欧州向けは16.4%増と9カ月連続のプラス。

キーポイント
  • 貿易収支は9548億円の赤字(ブルームバーグ調査の予想中央値は6003億円の赤字)-前月は685億円の赤字
  • 輸出は前年同月比20.5%増(予想は21.0%増)の7兆3671億円、9カ月連続プラス-前月9.4%増
    • 輸出数量指数は4.7%増
  • 輸入は43.8%増(予想は40.0%増)の8兆3218億円、10カ月連続プラス-前月26.7%増
貿易収支は4カ月連続赤字
 
 

エコノミストの見方

UBS証券の足立正道チーフエコノミスト:

  • 季節調整比で輸入(5.9%増)が思ったより強い。おそらく数量は伸びておらず、価格がすごく上がっている。エネルギー価格上昇で影響が出ている
  • 安易に貿易黒字は善、貿易赤字が悪という訳ではない。輸入物価が高い時は海外の需要が強く、輸出も伸びているので、決定的に日本経済がアウトということではない。ただ、価格転嫁が難しく、特に中小企業には厳しい
  • 印象として日本銀行が金融緩和をやり過ぎているという声が多いが、日本の物価は適正レベルよりも低いと日銀は考えている。世界が4%のインフレ率だと言っている中で、日本は23年にやっと1%になるくらいの見通し
(エコノミストコメントを追加して更新しました)
    Economic Release Details JNTBEXPY Index ECOD
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE