コンテンツにスキップする

国交省の統計データ書き換え、GDPに「直接影響ない」-岸田首相

国土交通省が「建設工事受注動態統計」のデータを書き換えていたとして、岸田文雄首相は15日の衆院予算委員会で「大変遺憾なこと」と述べた。2020、21年度のGDP(国内総生産)の統計には「直接影響はない」としている。

  斉藤鉄夫国土交通相は、事業者から期限を過ぎて提出された過去の調査票の情報を「当月分に含めて集計していた」と説明。会計検査院の指摘を受け、20年1月分から運用を改善しているという。

  また、松野博一官房長官は過去のGDPなど他の経済指標への影響について記者会見で問われ、「しっかりと確認するよう指示した」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE