コンテンツにスキップする

米下院、ウイグル強制労働防止法案を可決-上院に送付

  • 最終的な法案テキストでマクガバン、ルビオ両議員が合意
  • 新疆ウイグル自治区からの輸入を原則禁止する内容

米下院は14日、中国・新疆ウイグル自治区におけるイスラム教徒の少数民族ウイグル族への弾圧を巡り、同国に制裁を科すことを目的とするウイグル強制労働防止法案を可決した。強制労働で生産されたものではないと企業が証明できる場合を除き、同自治区からの産品の米国への輸入を禁止する内容。

  同法案の複数のバージョンがこれまで下院と上院を通過してきたが、マクガバン下院議員(民主)とルビオ上院議員(共和)が調整を続け、最終的な法案テキストで合意した。

  ペロシ下院議長は発声投票による採決に先立ち、「中国政府がウイグル族や他のイスラム教少数民族に対して今も続けるジェノサイド(民族大量虐殺)は全世界の良心に対する挑戦だ」と指摘した。

  同法案は上院に送付される。超党派の支持を確保している上院を通過すればバイデン大統領の署名を経て成立する運び。

原題:

House Approves Bill Targeting China Over Uyghur Forced Labor(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE