コンテンツにスキップする

ニュージーランド、24年までに財政黒字達成の見通し-3年前倒しで

  • 24年6月まで1年間の財政収支は21億NZドルの黒字になる見込み
  • 国債発行額は向こう4年で従来の計画から310億NZドル減らす

ニュージーランド(NZ)政府は、新型コロナウイルス禍からの景気回復に伴い、従来の想定より3年早く財政黒字を達成できるとの予測を示した。

  ロバートソン財務相が15日発表した半期に一度の経済・財政見通しによれば、2024年6月まで1年間の財政収支は21億NZドル(約1600億円)の黒字になる見込み。5月時点では、27年になるまで赤字が続くと予想していた。

NZ、経済成長加速と財政赤字縮小を見込む-予算案で見通し示す

  21年7月-22年6月については賃金補助と企業支援策の実施で、財政赤字が208億NZドルに拡大する見通しだ。5月時点の予測は184億NZドルの赤字だった。

  21年7月-22年6月の年平均成長率予想は0.8%と、5月の3.2%から引き下げた。ただ、23年には成長率が4.9%に回復するとみている。

  一方、国債発行額は向こう4年で従来の計画から310億NZドル減らす。21-22年度は100億NZドル減の200億NZドル、その後3年間は70億NZドルずつ減額し、180億NZドルとする。

原題:New Zealand Projects Budget Surplus by 2024, Plans More Spending、New Zealand Slashes Bond Program by NZ$31b Over Four Years(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE