コンテンツにスキップする
Photographer: Samuel Corum/Bloomberg
Cojp

FOMC:大半が予想していたものよりもタカ派的-市場関係者の見方

米連邦公開市場委員会(FOMC)は14、15両日に開催した定例会合で、毎月実施している資産購入について米国債と住宅ローン担保証券(MBS)合わせて月額300億ドル(約3兆4000億円)のペースで縮小させることを決定した。縮小ペースを従来の2倍に加速させる。このペースで縮小を進めると、資産購入プログラムは2022年早期に終了することになる。当初は同年半ばの終了を予定していた。

  これについての市場関係者の見方は以下の通り。

◎辛抱強さというよりパニック気味の心理-グラント・ソーントン

  FOMC参加者の間に広がったのは辛抱強さというより、ややパニック気味の心理だったようだ。米金融当局がインフレを追いかけるのを目にするのは数十年ぶりだと、グラント・ソーントンのチーフエコノミスト、ダイアン・スウォンク氏が述べた。

◎22年3回利上げ示す予測分布図で利回り曲線がフラット化-ソシエテ

  米金融当局者の金利予測分布図(ドット・プロット)の中央値が大幅に引き上げられ、2022年に3回の利上げが見込まれていることは、大半のトレーダーが予想していたものよりもタカ派的で、利回り曲線のフラット化を招いた。ソシエテ・ジェネラルの米金利戦略責任者、スバドラ・ラジャッパ氏が指摘した。

  • 「ドットの中央値が22年の3回利上げを示したことは、既に織り込み済みだったものよりもやや多かった。そのためフロントエンド(短期物)を中心に売られた」
  • 資産購入プログラムへの変更や、労働市場とインフレに関する当局者予測の調整は「おおむね予想通り」だった

◎FRBのタカ派転換、リスク選好持続ならドルに追い風に-クレディA

  ドルは米連邦準備制度のタカ派転換から追い風を受ける可能性があると、クレディ・アグリコルのバレンティン・マリノフ氏が指摘した。

  • 「米金融当局のシグナルがリスクセンチメントに過度に打撃を与えることなく米国債利回りのフラット化に貢献した範囲において、ドルはそれだけの恩恵を受けにくいかもしれない」
    • それでも、米金融当局は一段とタカ派色を強めており、これが高利回りの安全通貨であるドルの魅力を押し上げ続けるはずだ
    • リスクセンチメントが続く場合、ドル・円とドル・スイスフランでのロングは「ドルに強気な見方を表現する最良の方法である可能性」
    • 「さらにオミクロン株が景気回復を妨げると米金融当局が考えていないように見受けられることに市場は勇気づけられたのではないかと思う」

◎ドルには短期的に下振れ圧力も-CIBCのライ氏

  米金融当局が引き締めペース加速を示唆したことを受け、ドルには短期的に下振れ圧力がかかるだろうと、カナダ・インペリアル・バンク・オブ・コマース(CIBC)のビパン・ライ氏が指摘した。

  • 「2022年のドット・プロットが予想を上回ったことでドルは当初上昇したが、利上げ回数は9月に示した22年に1回、23年に3回、24年に3回から、22年に3回、23年に3回、24年に2回になったことに留意したい」
  • 「実際にはこの期間に利上げが1回増えただけだ」

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE