コンテンツにスキップする

フロリダに「ゴールドラッシュ」、企業移転で不動産投資加速-ロス氏

ニューヨーク市マンハッタンの複合開発事業「ハドソンヤード」を手掛けた不動産開発会社リレーテッドは、米フロリダ州にオフィススペースを求める金融・ハイテク企業の増加を背景に、同州でニューヨーク州を上回る投資を行いつつある。

ブルームバーグTVのインタビューを受けるスティーブン・ロス氏
Source: Bloomberg

  同社のスティーブン・ロス会長はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで「フロリダ州はゴールドラッシュのような状況だ」と語った。フロリダ州への事業所移転の流れは「北東部の政治」が原因との見方も示した。

  「プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社や投資銀行、ウェルスマネジメント関連など非常に多くの企業がフロリダに移りつつある」と説明した。

  リレーテッドはフロリダ州ウェストパームビーチで、オフィスと居住スペースを含む多目的プロジェクト「ローズマリー・スクエア」の開発を推進中。同プロジェクトは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)以降、ゴールドマン・サックス・グループやスティーブ・コーエン氏率いるポイント72アセット・マネジメントなどからオフィス賃貸契約を確保している。

ウォールストリート・サウス、フロリダ州で誘致狙った大改造が進行中

ウォール街のフロリダへの大移動、空前のオフィス開発ラッシュ呼ぶ

原題:Billionaire Ross Sees Florida ‘Gold Rush’ in Southern Shift (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE