コンテンツにスキップする

米下院、連邦債務上限2.5兆ドル引き上げ法案可決-大統領に送付へ

更新日時
Senate Majority Leader Chuck Schumer, a Democrat from New York, speaks during a ceremony for late Senator Bob Dole at the U.S. Capitol in Washington, D.C., U.S., on Thursday, Dec. 9, 2021.

Senate Majority Leader Chuck Schumer, a Democrat from New York, speaks during a ceremony for late Senator Bob Dole at the U.S. Capitol in Washington, D.C., U.S., on Thursday, Dec. 9, 2021.

Photographer: Sarahbeth Maney/The New York Times

米下院は連邦債務上限を2兆5000億ドル(約284兆円)引き上げて、2023年初めまで政府の借り入れ権限を延長させる内容の法案を賛成221、反対209の賛成多数で可決した。上院は既に同法案を可決済みで、バイデン大統領に署名のため送付される。

  ペロシ下院議長は14日夜、「既に計上した支出をカバーするため債務上限を引き上げる必要がある。米国の十分な信頼と信用に疑問が生じることは決してあってはならない」と述べた。

  現行の連邦債務残高は28兆9000億ドルであり、イエレン財務長官は今月15日以降には政府の支払い履行が難しくなる恐れがあると警告していた。一方、外部アナリストは債務上限到達はもう少し先だとみていた。

Treasury seen rebuilding cash once debt-limit hike enacted
 
 

原題:

House Clears $2.5 Trillion Debt Ceiling Boost, Sends to Biden(抜粋)

(ペロシ下院議長の発言などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE