コンテンツにスキップする

オミクロン株の脅威、正確には判明せず-南アは感染歴が重症化阻止も

  • 最初に報告された南アのハウテン州、住民の72%が過去にコロナ感染
  • 南アの入院率は緩やかに上昇も、感染報告はより急速に増加

新型コロナウイルスのオミクロン変異株が最初に特定された南アフリカ共和国の地域では、過去に新型コロナに感染し免疫を得た人が多かったことから同変異株の脅威が正確に捉えられていない可能性があると、科学者らが警戒感を示した。

  オミクロン株は先月25日、南アとボツワナで報告された。それ以降、南アの入院率はこれまでの感染拡大の波に比べて緩やかではあるものの上昇しており、新規感染者はより急速に増えている。死者数は以前の流行期に比べてずっと少ない。

  ウィットウォーターズランド大学のシャビル・マディ教授(ワクチン学)によれば、オミクロン株が最初に特定された南アのハウテン州で最近行われた血清陽性率調査によれば、住民の72%にコロナ感染歴が認められた。1年前にベータ株が出現した時には約20%だったという。

  マディ氏はグローバル・ヘルス・クライシス・コーディネーション・センター(GHC3)とのインタビューで、オミクロン変異株が出現したのは、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)がかなり進行した段階であり、これまでの変異株の出現時とは大きく異なっていると指摘。「南アやその他の状況下で起こり得る展開を見極める際にはこの点に留意する必要がある。非常に異なる疫学が導き出される可能性がある」と述べた。

Testing Positive for Omicron

South Africa's key Covid data since omicron's discovery

Source: National Institute of Communicable Diseases

NICD added 19,840 cases retrospectively on Dec. 12.

 

原題:Omicron Severity Seen Masked by Prior 72% Case Rate in S. Africa(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE