コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
Cojp

中国不動産株、続落-世茂の取引は「危険信号」とJPモルガン

更新日時
  • 世茂集団株は一時20%下げた-世茂服務は33%安となる場面も
  • 不動産管理会社から開発会社に現金を移す取引だとJPモルガン

中国の不動産株は14日も下落。香港に上場している世茂集団の部門間で行われた取引が、すでに流動性逼迫(ひっぱく)に見舞われている業界のコーポレートガバナンス(企業統治)を巡る問題を浮き彫りにした。

  世茂集団と同社不動産サービス部門、世茂服務は香港株式市場で大きく売り込まれている。世茂集団の株価は一時20%安と、このままいけば上場後で最大の下落となる。前日は12%下落していた。

  世茂服務株は14日の取引で33%安となる場面もあった。不動産開発大手の中国恒大集団の株価は一時9%を超える下げとなり、上場来安値を付けた。

Developer's local note tumbles 54% before suspension
 
 

  上海世茂は13日、世茂服務に不動産管理資産を売却すると発表。JPモルガン・チェースのアナリスト、カール・チャン氏は顧客向けリポートで、不動産開発各社が不動産管理部門を「金融手段」として使っているとの市場の懸念をこの取引が裏付けていると指摘した。

  同氏は「関連会社同士によるこの取引は、世茂の厳しい流動性環境を暗示しているだけではない。不動産管理会社から不動産開発会社に現金を移しているわけで、コーポレートガバナンス上の危険信号でもある」とコメント。世茂集団と世茂服務の投資判断を「オーバーウエート」から「アンダーウエート」に引き下げるとともに、両社の目標株価を少なくとも69%下方修正した。

  上海世茂は17日に満期を迎える本土債(表面利率4.5%)を償還する資金を準備した。同社のメディア担当者がブルームバーグ・ニュースの問い合わせに答えた。ブルームバーグの集計データによると、同本土債の元本残高は3000万元(約5億3600万円)。

China's dollar junk bonds rebound halted by renewed concerns about Shimao
 
 

 

  中国の不動産株を対象としたブルームバーグの指数はこの日、一時4.4%安と2017年2月以来の日中安値を付けた。

  トレーダーらによると、世茂集団の社債価格は額面1ドルに対し約3セント下落し、値下がりは中国高利回り債全般に広がっている。

原題:China Developers Tumble on Shimao ‘Red Flag’: Evergrande UpdateShimao Deal Is ‘Red Flag’ Amid Liquidity Concern, JPMorgan Says (抜粋)

(2、3、7段落目に株価などのデータを、6段目に上海世茂のコメントを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE