コンテンツにスキップする

バイナンス、仮想通貨関連の活動巡りドバイ首長国と連携へ-BT

  • ドバイはバイナンスのグローバル本社の候補地とされる
  • 趙長鵬CEOも最近ドバイ・ブロックチェーン・センター幹部と会合

暗号資産(仮想通貨)交換業者最大手バイナンス・ホールディングスは近く、暗号資産関連の活動を巡りアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ首長国との覚書に署名する。シンガポール紙ビジネス・タイムズ(BT)が事情に詳しい複数の関係者を引用し報じた

  報道によると、ドバイはバイナンスのグローバル本社の候補地とされており、同社はUAEとの関係を強化してきた。趙長鵬最高経営責任者(CEO)も最近、ドバイ・ブロックチェーン・センターやドバイ警察の仮想資産犯罪部門の幹部らと会合を持ったという。

  バイナンスの広報担当者はBT紙に対し、同社が各国・地域の政府やさまざまな市場の重要な利害関係者と協議していると述べたが、本社についてコメントを控え、状況を伝える発表文を適切な時期に出すと説明した。

  仮想通貨への関心が高まるにつれ、バイナンスに対する規制当局の監視の目は世界各地で厳しくなりつつある。バイナンスのシンガポールの系列会社は13日、暗号資産交換業者の国内免許申請を取り下げている。 

関連記事

シンガポールのバイナンス、仮想通貨交換業者の免許申請取り下げ

仮想通貨交換業者バイナンス、複数の政府系ファンドと出資に向け協議

仮想通貨交換業者のバイナンス、年末で人民元建て取引を終了

暗号資産交換バイナンス、インサイダー取引疑惑も-米当局が調査拡大

 

原題:

Binance to Tie Up With Dubai on Crypto Activities, BT Reports(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE