コンテンツにスキップする
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
Cojp

アップル株下落、時価総額3兆ドル到達目前で後退-ハイテク株売りで

  • アップル、11月26日以来の大幅安-アマゾンやアルファベットも安い
  • JPモルガンとCFRA、いずれもアップルの目標株価引き上げ

13日の米株式市場でアップル株が下落。最近の株価急伸であとわずかに迫っていた時価総額3兆ドル(約340兆円)から後退した。

  アップル株は2.1%安の175.74ドルで終了。1日の下落率としては11月26日以来の大きさで、同社の時価総額は2兆8800億ドルとなった。この日の米株式相場はテクノロジーやインターネット関連の大型株を中心に下落。アマゾン・ドット・コムとアルファベットは共に1.5%安、エヌビディアは6.8%安と3月以来の大幅安で引けた。

  アップル株は10月初め以来、約24%上昇しており、上昇率はナスダック100指数(9.5%)の2倍余りとなっている。

Shares have outperformed the Nasdaq 100 of late
 
 

  アナリストはアップルの力強い伸びが今後も続くと予想している。JPモルガン・チェースは13日、アップルの目標株価をウォール街で最高の水準に引き上げた。5G対応の「iPhone(アイフォーン)SE」モデルの可能性を理由に挙げている。CFRAもコンセンサス予想は「保守的過ぎる可能性が高い」として、同社の目標株価を引き上げた。

原題:Apple Ends Lower as $3 Trillion Market Value Proves Elusive (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE