コンテンツにスキップする

日本株反落、オミクロン警戒と首相の自社株買い規制言及で-空運安い

更新日時

東京株式相場は反落。英国で新型コロナウイルスのオミクロン異株感染による死者が確認されたことで経済活動停滞が再び警戒される中、岸田首相が自社株買いガイドラインを作る可能性について言及し下げ幅が拡大する場面もあった。空運や陸運株などの経済再開関連が安く、電機や機械株なども売られた。

  • TOPIXの終値は前日比4.32ポイント(0.2%)安の1973.81
  • 日経平均株価は207円85銭(0.7%)安の2万8432円64銭
    • 東証マザーズ指数は29.89ポイント(2.9%)安の993.77-年初来安値更新
TOPIXの推移
 
 

市場関係者の見方

T&Dアセットマネジメントの浪岡宏チーフストラテジスト

  • 英国でオミクロン変異株による死者が報告され、米公開市場操作委員会(FOMC)を控えて買いにくい状況の中、岸田首相の自社株買い規制についての発言が後押しして日本株は下げた
  • 短期的で株主還元にこだわる投資家は近視眼的に日本株を売る可能性があるが、取引終了にかけて下げ幅を縮めているところをみると長期的投資家はそこまで気にしていない印象
  • 具体的なガイドラインの中身によるが、あまり制限をすると、経営者が魅力的でない投資に資金を回すリスクもある

東証33業種

下落率上位空運、サービス、陸運、鉱業、証券・商品先物、不動産、機械
上昇率上位保険、医薬品、電気・ガス、輸送用機器、銀行、食料品

背景

  • 岸田首相、自社株買いのガイドライン設定の可能性に言及
  • 新型コロナ】米感染者は累計5000万人上回る、英でオミクロン死者
  • 米FRB、インフレ抑制で歴史的な政策転換へ-エコノミストが予想
  • ドル・円相場は1ドル=113円台半ばで推移、前日の日本株終値時点は113円50銭
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE