コンテンツにスキップする

英国で初のオミクロン株感染者死亡、首相は追加措置の可能性排除せず

ジョンソン英首相は、クリスマス前に新型コロナウイルス対策の追加制限措置を導入する可能性を排除しなかった。英国ではオミクロン変異株の感染が急速に広がり、同変異株への感染で初の死亡者が報告された。

  ジョンソン首相は13日、ロンドンの新型コロナワクチン接種会場で記者団に対し、感染状況を「注視する必要があり、人々の健康を守るために必要であれば、どのような措置であれ講じると言い続けてきた」と語った。首相によれば、14日までにロンドンでは新規感染者のうちオミクロン株が過半数を占める見通し。現在は約40%程度だという。

  英国では12日に4万8854人の感染が報告された。7日間の平均では1日当たり5万1497人の感染。ジャビド保健相は同日、スカイニューズに対し、イングランドで確認されたオミクロン感染は約3000人で、このうち10人前後が入院したと明らかにした。

原題:Johnson Declines to Rule Out U.K. Christmas Curbs Due to Omicron(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE