コンテンツにスキップする

英利上げ予測が後退、1%到達は23年に-新たなコロナ対策制限懸念

  • 3週間前には22年末に約1.25%に達することが見込まれていた
  • オミクロン株感染の「高波」が来ている-ジョンソン英首相

新型コロナウイルス感染拡大阻止に向けた新たな制限への不安がインフレ懸念を上回り、イングランド銀行(英中央銀行)の利上げを巡る観測は後退した。

  短期金融市場は政策金利が2023年までに1%に達すると見込んでいる。約3週間前には22年末に約1.25%に達することが見込まれていた。

  トレーダーらはここ数カ月、英利上げ予想を前倒ししてきたが、新型コロナの新たな変異株「オミクロン株」を巡る懸念が状況を一変させた。ジョンソン英首相はオミクロン株感染の「高波」が来ていると発言していた。

All bets are off that the BOE will hike interest rates to 1% in 2022
 
 

 

原題:Traders Delay Bets for U.K. Rates Rising to 1% Amid Omicron Woes(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE