コンテンツにスキップする

中国広東省で深刻な水不足-東江は1963年以来最悪の渇水状況

中国広東省が深刻な水不足に見舞われている。中央政府は調査チームを派遣し、各市は住民に節水を呼び掛けている。同省は省別の域内総生産(GDP)で中国最大。

  省都の広州市では市当局が10日の声明で、水の使用を減らし、必需品を貯蔵するよう促した。

  広州市が使う水の3分の1近くを供給する東江は、1963年以来最悪の渇水状況だと市側は説明。珠江の支流である東江は、香港向け飲料水の主要供給源となっている。香港では水不足の兆候はない。

  広東省水利庁は7日、中央政府が広東省に調査チームを11月29日-12月2日に派遣し、同省および香港・マカオの住民向け水供給を確保するよう広東省当局に指示したとウェブサイトで発表した。

原題:China’s Economic Powerhouse of Guangdong Hit by Severe Drought (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE