コンテンツにスキップする

豪ドル、対円で上昇トレンド再開か-オミクロン株巡る懸念後退で

  • 豪ドルは3月末までに1豪ドル=83円に上昇へ-ブルームバーグ調査
  • 世界的な景気回復は豪ドルの支援材料、円には逆風-マンディ氏

オーストラリア・ドルは景気回復加速への期待が高まり、新型コロナウイルスのオミクロン変異株を巡る懸念が和らぐ中、対円で上げを拡大しそうだ。

  豪ドルは先週、対円で3%上昇し、1豪ドル=81円を上回った。ブルームバーグが調査した為替アナリストの予想によると、豪ドルは3月末までに83円に上昇するとみられている。オミクロン株の影響を巡る懸念が高まり、国際市場が混乱する中で、豪ドルは11月に対円で約6%下落していた。

Aussie-yen holds technical support as global risk-appetite returns
 
 

  オーストラリア・コモンウェルス銀行(CBA)の通貨ストラテジスト、キム・マンディ(シドニー在勤)氏は、「オミクロン株についてのニュースが厳しいものでない限り、豪ドル・円は上昇トレンドに戻ると見込んでいる」と指摘。「世界的な景気回復は豪ドルにとって支援材料だが、円には逆風となる」と述べた。

  豪州経済の回復加速への期待が政策正常化に対する観測を強め、豪ドルを押し上げる公算が大きい。一方、世界的な景気回復に対する楽観的な見方は、日本銀行がハト派的な金融政策をより長期に維持するとの期待と同様に、逃避通貨の円に影響を及ぼす可能性がある。

原題:Australian Dollar Is Finally Snapping Run of Losses Against Yen(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE