コンテンツにスキップする
Photographer: Michaela Handrek-Rehle/Bloomberg
Prognosis

ファイザー製ワクチン、オミクロン株への有効性は約23%-南アの研究

  • AHRIの研究者らは先週公表した小規模試験の追加データを発表
  • ワクチンは重症化に対する十分な防御を提供し続ける可能性が高い

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

ファイザーとドイツのビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンの2回接種では、オミクロン変異株の有症状感染に対する有効性が22.5%にとどまる可能性があるものの、重症化を阻止できることが、南アフリカ共和国の研究施設での試験で示された。

  ダーバンのアフリカ健康研究所(AHRI)の研究者らは先週、モデリングを活用してワクチンの有効性を推測する小規模試験の結果を公表したが、今回、その追加データを明らかにした。

ファイザー製ワクチン、対オミクロン株で部分的防御を提供

  研究では12人の試験参加者の血漿(けっしょう)サンプルを精査した。オミクロン株は約2年前に中国で確認されたウイルス型と比較した場合、ファイザー・ビオンテック製ワクチンの2回接種を受けた人の体内で作られた中和抗体の水準が約41分の1となった。

  AHRIでコロナウイルスの研究グループを率いるアレックス・シーガル氏は10日公表された査読前の論文で、「感染を防御するワクチンの能力が本質的に損なわれている」と指摘した。

  ただ研究者らは、ワクチンが重症化に対する十分な防御を提供し続ける可能性が高いとの見解を示した。

ファイザー製ワクチンのオミクロン株感染に対する有効性は他の主要な変異株に対するものより低い
Source: Bloomberg

 

関連記事

原題:

Pfizer Course May Have 23% Efficacy Vs. Omicron: Study (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE