コンテンツにスキップする

【新型コロナ】英オミクロン株感染が1日で倍増、ワクチン接種加速へ

更新日時
  • ロンドンでは新規感染の3分の1を新変異株が占める-教育相
  • オーストラリアでオミクロン株感染による初の入院が報告された

ジョンソン英首相は12日、英国が新型コロナウイルスのオミクロン変異株感染の「高波」に直面していると警告し、ブースター(追加免疫)接種プログラムの期限を年末に設定した。

英国はオミクロン感染の「高波」に直面、追加接種を-ジョンソン首相

  9月半ばまでワクチン担当相を務めていたザハウィ教育相は12日にスカイニューズに対し、ロンドンでは新規感染の3分の1をオミクロン株が占め、国内の感染が2、3日おきに倍増するペースとなっていると指摘。「オミクロン株は急速に中心的な変異株になるだろう」と語った

  英国では同日、新たに1239人のオミクロン株感染が確認された。前日の633人からほぼ2倍に増えた

ジョンソン首相は英国がオミクロン変異株感染の「高波」に直面していると警告
 

イングランドは今冬にコロナ死者7万5000人の恐れ-英研究

  ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)やライアンエア・ホールディングスを含む航空大手の最高経営責任者(CEO)は、経済支援を求める書簡をジョンソン首相に送った。新たな渡航規制がクリスマスの旅行ピークシーズンに2年連続で打撃を与える恐れがあるためだ。

  オーストラリアではオミクロン株感染による初の入院が報告された。ニューサウスウェールズ州の保健当局者が明らかにした。ナイトクラブやシドニー湾でのクルーズ船パーティーなどに関連するオミクロン株感染者は少なくとも64人確認された。全体の新規感染者数も12日に536人と10月初旬以来の水準に達した。

  欧州疾病予防管理センター(ECDC)によると、12日時点で欧州23カ国でオミクロン株感染者が合計766人確認された。大半が市中感染で、オミクロン株の当初の震源地であるアフリカ南部との行き来に関連するものではなくなっている。

  バイデン米大統領の首席医療顧問を務める米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長はABCの番組「ジス・ウィーク」で、オミクロン株はワクチンや一部のコロナ治療薬をすり抜ける能力があるようだと指摘した上で、「やや勇気付けられるニュースは、ブースター、例えばメッセンジャーRNA(mRNA)の3回目接種を受ければ、防御レベルを十分に高められると暫定的なデータが示していることだ」と語った。

  南アフリカ共和国のラマポーザ大統領がコロナ検査で陽性と判定された。大統領府が12日発表した。症状は軽症だという。

  「大統領はワクチン接種を完了しており、ケープタウンで自主隔離に入っている。今後1週間の大統領の全責任をマブーザ副大統領に委譲した」という。

南アのラマポーザ大統領が新型コロナ陽性-軽症、自主隔離に

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は2億7000万人、死者数は530万人をそれぞれ上回った。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界のワクチン接種は計84億5000万回を超えた。

relates to 【新型コロナ】英オミクロン株感染が1日で倍増、ワクチン接種加速へ
 
 

  欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁が11日の新型コロナウイルス検査で陽性となり、自主隔離している。ECBが12日にウェブサイトに掲載した声明で明らかにした。ECBによると、デギンドス氏のコロナ陽性が会合に影響を与えることはないという。

デギンドスECB副総裁がコロナ陽性で自主隔離、政策決定会合控え

  ドイツ東部の複数の都市でコロナ対策の制限措置やワクチン接種を求める動きに対する抗議デモが行われ、警察ともみ合いになった。DPA通信が伝えた。チェコとの国境に近いグライツでは最大1000人が街頭で抗議。警察の非常線の突破を試み、少なくとも警官2人が負傷した。

  フランスは第5波のピークに達しつつある可能性があるとベラン保健相が12日のツイートで指摘した。現在の波は「極めて高い」水準に達しているが、その力は「弱まりつつある」とした。同相はパリジャン紙に対し、ロックダウン(都市封鎖)は視野に入れていないが、年末の祝賀シーズンが近づく中で他者との接触を制限するよう勧告した。

  南アの感染症流行対応イノベーションセンターのディレクター、トゥーリオ・デ・オリベイラ氏はCBSの番組「フェース・ザ・ネーション」で、オミクロン株が他の変異株よりも「軽症で済むと言うのはやや時期尚早だ」と発言。「通常、感染してから入院が必要になるまでは数週間かかる」と説明し、入院件数は増えつつあると語った。また、多数の幼い子供が入院していると指摘した。

   米ファイザーとドイツのビオンテックが共同開発したコロナワクチンの2回接種では、オミクロン変異株の有症状感染に対する有効性が22.5%にとどまる可能性があるものの、重症化を阻止できることが、南アの研究施設での試験で示された。

ファイザー製ワクチン、オミクロン株への有効性は約23%-南アの研究

  南ア国立感染症研究所(NICD)が12日に明らかにしたところによると、同国のコロナ入院患者は5563人でこのうち7.3%が集中治療室(ICU)にいる。前日の5434人から増えた。

原題:U.K. Warns on Omicron; Ramaphosa Tests Positive: Virus Update

U.K. to Focus on Boosters as Omicron Stalks Health Service (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE