コンテンツにスキップする

G7外相はロシアへの強力な警告で一致、ウクライナ巡り-米政府高官

主要7カ国(G7)はロシアがウクライナに侵攻すれば、プーチン大統領は重大な結果に直面するとの警告を発することで意見が一致しつつある。米国務省高官が11日、G7外相会合について匿名を条件に語った。

  英中部リバプールで始まった同会合の議論はロシアのウクライナ侵攻の脅威に関して、バイデン米大統領の公式のスタンスに沿ったものとなっている。バイデン政権はロシアが直面する結果について正式に公表していないが、国務省高官は必要ならそれは極めて迅速に実行に移されるだろうと語った。

  バイデン大統領は同日、ロシアがウクライナを攻撃すれば、同国は「壊滅的な」経済的制裁を受けることになろうと警告した。ロシア側はウクライナに侵攻する計画はないと主張している。

  国務省高官によると、G7外相は欧州諸国に対する略奪的貿易慣行など中国の西側諸国への行動に関しても議論した。

  G7外相会合の主催国である英国のトラス外相は同会合を「自由を損なおうとする侵略者」に対抗し、民主主義の力を示すものだと訴えている。

原題:

U.S. Says G-7 Is Converging on Warning to Putin Over Ukraine (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE