コンテンツにスキップする

【米国市況】S&P500最高値、CPI受けて不安が和らぐ-ドル下落

Traders work on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Tuesday, Aug. 3, 2021. 

Traders work on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Tuesday, Aug. 3, 2021. 

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

10日の米株式相場は反発し、S&P500種株価指数が最高値を更新した。米インフレ統計が市場予想に一致し、金融当局が政策引き締めペースを加速させる必要はなくなったとの観測が広がった。

  • 米国株は反発、S&P500種が最高値-CPIは市場予想に一致
  • 米国債おおむね続伸、10年債利回り1.49%
  • ドル下落、米CPI発表後-主要中銀の政策決定待ち
  • NY原油は反発、週間では8月以来の大幅高-コロナ懸念後退
  • NY金は上昇、CPI発表後に国債利回りとドルが下げる

  S&P500種は前日比1%高の4712.02。ダウ工業株30種平均は216.30ドル(0.6%)高の35970.99ドル。ナスダック総合指数は0.7%上昇。

  11月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比6.8%上昇と1982年以来の大きな伸びとなったものの、エコノミスト予想には一致した。米当局による債券購入テーパリング(段階的縮小)のペースと利上げ時期に関し手掛かりを求める投資家にとり、CPIと翌週の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合は大きな注目材料。

Price Pressures Accelerate

U.S. November headline inflation increased by the most since 1982 on annual basis

Source: Bureau of Labor Statistics, Bloomberg survey

  CPIの前年同月比の伸びが市場予想に一致したことは「良いニュースだ。市場関係者はもっとずっと悪い事態を想定していた」と、22Vリサーチの創業者、デニス・デブシェール氏は指摘。「これでも高い数値なのは確かだが、米金融当局が成長を押しつぶすことを余儀なくされるとの懸念はこれで後退するはずだ」と述べた。

  個別銘柄では、9-11月の売上高が市場予想を上回ったオラクルの株価が大幅高。一方でモデルナは、季節性インフルエンザワクチン候補の治験結果が期待外れとなったことから売られた。

  米国債市場では金融当局による引き締め加速の観測がやや巻き戻され、利回りが総じて低下。ニューヨーク時間午後4時4分現在、10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.49%。

  外国為替市場では米CPI発表後にドルが下落。欧州中央銀行(ECB)や米金融当局など主要中銀の政策発表を翌週に多数控えており、それも投資家に意識されている。  

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%低下。ニューヨーク時間午後4時4分現在、ドルは対円で0.1%未満安い1ドル=113円44銭。ユーロは対ドルで0.2%高の1ユーロ=1.1317ドル。

  ニューヨーク原油先物相場は反発。新型コロナウイルスのオミクロン変異株を巡る最悪事態への懸念が後退する中、週間ベースでは過去3カ月余りで最大の上げとなった。

  OANDA(オアンダ)のシニア市場アナリスト、エド・モヤ氏は「オミクロン株を巡る不安が和らぎ、2022年の米経済成長見通しにおおむね変わりがない中、原油価格は好調な1週間となっている」と指摘した。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物1月限は73セント(1%)高の1バレル=71.67ドルで終了。週間では8.2%上昇。ロンドンICEの北海ブレント2月限は73セント高の75.15ドル。

Oil posts biggest weekly gain since August
 
NYMEX

  ニューヨーク金相場は上昇。スポット相場は1週間ぶりの大幅高となった。米CPI統計の発表後に米国債利回りとドルが下げたことから、金の投資妙味が高まった。

  インフラストラクチャー・キャピタル・アドバイザーズのジェイ・ハットフィールド最高経営責任者(CEO)は、金はドルと金利の動きに反応しているにすぎないと指摘。CPIは米金融当局のテーパリング加速を「さらに一層確実にする」と述べた。

  スポット価格はニューヨーク時間午後2時57分までに前日比0.4%高の1オンス=1782.38ドル。一時は0.8%値上がりする場面もあった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は0.5%高の1784.80ドルで終えた。

原題:U.S. Stocks Surge to Record on Fed Rate Bets: Markets Wrap(抜粋)

Dollar Drops on U.S. CPI as Traders Await Fed, ECB: Inside G-10(抜粋)

Oil Posts Strongest Week Since August as Virus Fears Abate(抜粋)

Gold Gains as U.S. Inflation Climbs at Fastest Pace in Decades(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE