コンテンツにスキップする

バイデン米大統領、インフレは「今がピーク」-今後急速に鈍化へ

更新日時
U.S. President Joe Biden speaks on the nation's supply chains in the Eisenhower Executive Office Building in Washington, D.C., U.S., on Wednesday, Dec. 1, 2021. 

U.S. President Joe Biden speaks on the nation's supply chains in the Eisenhower Executive Office Building in Washington, D.C., U.S., on Wednesday, Dec. 1, 2021. 

Photographer: Ting Shen/Bloomberg

バイデン米大統領は10日、米国の物価上昇はすでにピークに達しており、この先は想定よりも速いペースで鈍化するとの考えを示した。この日発表された11月の米消費者物価指数(CPI)は、前年同月比で約40年ぶりの大きな伸びを示した。

米消費者物価指数、前年比6.8%上昇-約40年ぶりの高い伸び率 

  バイデン氏はホワイトハウスで記者団に対し、「今が危機のピークだ」と発言。「この状況は大半の人が考えているよりも早期に、かつ速いペースで変わるだろう」と述べた。

  雇用や生産の伸びを挙げ、「米経済におけるその他の側面はどれも急進展している」と指摘。その上で、「インフレは人々の生活に影響を及ぼしている」と語った。

  同氏はインフレを米経済が新型コロナウイルス禍から回復する過程で生じたサプライチェーンの問題と結びつけ、「インフレの理由は深刻なサプライチェーンの問題であり、それが著しい物価上昇を引き起こしている」と話した。

  これより先、バイデン氏は声明で、「今回の統計における物価上昇の半分は、11月の自動車やエネルギーのコストであり」、それ以降に価格は両セクターで下がり始めたと説明。

  「こうした進展を踏まえても、物価上昇は引き続き家計を圧迫している」とし、「新型コロナに関連したサプライチェーンの問題に関して、進展がみられる。この問題でモノの確保に一段の費用がかかっている。これに関しては今後数週間にさらなる進展を見込んでいる」としていた。

原題:Biden Says Inflation at ‘Peak’ And Should Soon Decline Rapidly(抜粋)

 

(バイデン氏の発言を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE