コンテンツにスキップする

【新型コロナ】NYでマスク規制強化、ECB会合はバーチャル形式に

  • オミクロン変異株、ブースター接種で有症状感染70-75%防ぐ
  • イタリア、ポルトガルで5-11歳を対象にワクチン接種開始へ
An employee wearing a protective mask and gloves cleans a concession stand at the AMC Lincoln Square 13 movie theater in New York, U.S., on Thursday, June 10, 2021. 

An employee wearing a protective mask and gloves cleans a concession stand at the AMC Lincoln Square 13 movie theater in New York, U.S., on Thursday, June 10, 2021. 

Photographer: Jeenah Moon/Bloomberg

米当局は過去数カ月間、ワクチン接種の推進で新型コロナウイルスの悲惨な事態を回避できるとしてきたが、国内の病院が厳しい状況にあるなどホリデーシーズンに危機を迎えようしている。

米国内の病院、ホリデーシーズンに圧倒される恐れ-コロナ患者急増で

  ニューヨーク州のホークル知事は全ての企業に対し、ワクチン接種を義務付けていない場合は屋内でのマスク着用を義務付けるよう命じた。

  英保健当局者は、今月半ばまでにオミクロン変異株が感染の主流になると予想している。ただ、初期データからはブースター(追加免疫)接種がオミクロン株に対する「ワクチン効果を著しく高める」ことが示されたと説明。ブースター接種で有症状感染を70-75%防げるとしている。

  香港居住者が米国から戻る場合、最初の7日間は香港当局の指定する施設での隔離が義務付けられると、香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)が関係者の話として報じた。

米国から戻る香港居住者、指定施設で7日間隔離へ-SCMP

  イタリアでは16日から、ポルトガルでは18日から5ー11歳を対象にワクチン接種をそれぞれ開始する。

  ドイツでの感染急増を受け、欧州中央銀行(ECB)が来週行う政策委員会の会合は完全にバーチャル形式で行われる。ECBの決定について事情を知る関係者1人が明らかにした。

  ロンドン金融街からは再び人影が絶えようとしている。英政府が新たに発表した新型コロナ対策を受けて、企業は従業員に在宅勤務の指示を出し始めた。

ロンドン金融街は再びゴーストタウンに、ドイツ銀など在宅勤務を指示

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は2億6900万人、死者は530万人に迫っている。

relates to 【新型コロナ】NYでマスク規制強化、ECB会合はバーチャル形式に
 
 

原題:N.Y. Tightens Mask Rules; Omicron Surges in U.K.: Virus Update

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE