コンテンツにスキップする

トルコ中銀が再び為替介入、1ドル=14リラの水準付近で

トルコ中央銀行は10日、月内3度目の外貨売り介入を実施した。リラは下落が止まらず、1ドル=14リラへと近づいていた。

  中銀は市場介入の実施を発表文で明らかにし、「不健全な」価格形成が理由だと説明。エルドアン大統領が最近のリラ安について述べた際に使った表現をそのまま踏襲した。

  リラは介入後やや持ち直したものの、イスタンブール時間午後2時2分時点では0.3%安の13.8252リラと再び下げに転じている。介入前には一時1.2%安の13.9548リラと、中銀が今月2回の介入を実施した際の水準付近にあった。

原題:

Turkey Central Bank Intervenes Again as Lira Nears 14 Per Dollar(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE