コンテンツにスキップする

「ウィキリークス」のアサンジ被告、米国引き渡しを英高裁が承認

更新日時
  • 英高等法院、米国の引き渡し要請却下した下級審判断を覆す
  • 英内務省が引き渡し手続きへ、アサンジ被告は上訴の意向
WikiLeaks founder Julian Assange gestures from the window of a prison van as he is driven into Southwark Crown Court in London on May 1, 2019, before being sentenced to 50 weeks in prison for breaching his bail conditions in 2012.
(Photo by Daniel LEAL-OLIVAS / AFP) (Photo credit should read DANIEL LEAL-OLIVAS/AFP/Getty Images)

WikiLeaks founder Julian Assange gestures from the window of a prison van as he is driven into Southwark Crown Court in London on May 1, 2019, before being sentenced to 50 weeks in prison for breaching his bail conditions in 2012.
(Photo by Daniel LEAL-OLIVAS / AFP) (Photo credit should read DANIEL LEAL-OLIVAS/AFP/Getty Images)

Photographer: DANIEL LEAL-OLIVAS/AFP

英国の高等法院(高裁に相当)は10日、米国が要請していた内部告発サイト「ウィキリークス」創設者ジュリアン・アサンジ被告の引き渡しを認めた。約10年にわたって引き渡しに抵抗していた同被告にとって、望みが打ち砕かれる決定。米政府は訴追に一歩近づいた。

BRITAIN-US-COURT-EXTRADITION-APPEAL
英高等法院の外に集まったアサンジ被告の支持者ら(10日、ロンドン)
Source: AFP

  下級審はアサンジ被告の精神状態を理由に引き渡し要請を却下したが、この判断を高等法院が覆した。引き渡しについては、英内務省が今後手続きを進めることになる。

  米当局は英国に対し、被告の有罪が確定し収監する場合でも独居房や、厳重な警戒で知られるコロラド州の「スーパーマックス」刑務所には入らないと保証。さらに被告の母国であるオーストラリアでの服役も可能だと伝え、これを高等法院は受け入れた。

  アサンジ被告の婚約者、ステラ・モリス氏は今回の決定に被告が「可能な限り速やかに」上訴すると表明。上訴の道は複数あり、近い将来に同被告が米国に引き渡される公算は小さい。  

原題:

Assange’s U.S. Reckoning Nears as U.K. Judges Grant Extradition(抜粋)

(情報を加えて更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE