コンテンツにスキップする

国債購入は日銀の判断で実施、財政ファイナンスでない-岸田首相

岸田文雄首相は10日の参院代表質問で、日本銀行の金融政策について「国債買い入れは金融政策の目的を達成するため、日銀自らの判断で行っているものであり、財政ファイナンスではない」との見解を示した。

  • 国債の長期金利は経済財政の状況や海外の市場の動向などを背景に市場において決まる
  • 将来の金利動向を見通すことは困難
  • 日銀による長短金利操作付き量的質的金融緩和の下で長期金利は低位に安定
  • 政府は財政の持続可能性への信認が失われないよう経済財政運営を進める
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE