コンテンツにスキップする
Photographer: Mark Felix/Bloomberg
Cojp

マスク氏、自社株1100億円相当を追加処分-売却は5週連続

  • 220万株相当のストックオプション行使、納税義務果たすため売却
  • これまでに処分したテスラ株は計1100万株に

米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は約9億6300万ドル(約1100億円)相当の同社株を追加売却した。マスク氏が保有していたテスラ株を手放したのは5週連続。

  米証券取引委員会(SEC)への9日付届け出によると、同氏は220万株相当のストックオプションを行使し、これに伴う納税義務を果たすために93万4091株を売却した。

  テスラ株の持ち分10%を売却する是非をツイッター投票で問うて以来、マスク氏がこれまでに処分した自社株はおよそ1100万株となった。同氏の行使可能なストックオプションの規模を考慮に入れなければ、持ち分の10%を処分するという目標達成にはさらに600万株の売却が必要だ。

  マスク氏が持ち株を減らし続ける中、テスラの株価はピークの11月4日から18%下げている。

原題:Elon Musk Trims His Tesla Stake for a Fifth Straight Week (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE