コンテンツにスキップする

中米ニカラグアが台湾と断交、外交関係持つ15カ国の一角-中国を承認

  • 中華人民共和国が中国の全てを代表する正当な政府-モンカダ外相
  • 中米ではホンジュラス次期大統領も中国との国交へ切り替え示唆

中米ニカラグアの外務省は9日、台湾との外交関係を断ち、中国を承認すると発表した。ニカラグアは台湾と外交関係を結ぶ15カ国の一角だった。

  国営紙エル19によると、モンカダ外相は声明で、ニカラグア政府は一つの中国を認めるとし、「中華人民共和国が中国の全てを代表する唯一の正当な政府であり、台湾は中国領土の不可分の一部だ」と表明した。

Key Speakers At 76th Session Of The United Nations General Assembly
ニカラグアのモンカダ外相
Source: Bloomberg

  一方、台湾政府も10日、「尊厳を守るため」としてニカラグアとの断交を決定。外交部(外務省に相当)は声明で、「台湾は常にニカラグアの忠実かつ信頼できる友人だった」とした上で、「オルテガ政権がニカラグアと台湾の人々の間ではぐくまれてきた長年にわたる友情を顧みなかったことは大変遺憾だ」と指摘した。

  中米ではホンジュラスのカストロ次期大統領が中国との国交樹立に切り替える考えを示唆。ただ、アドバイザーらはこれは決定済みではなく、地元の経済団体が懸念を示しており、この点も考慮する必要があると説明している。

原題:Taiwan Loses Another Friend as Nicaragua Recognizes Beijing (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE