コンテンツにスキップする

クレディSのホルタオソリオ会長、スイスのコロナ隔離規則に違反

  • 帰国後の隔離期間終了前に出国、規則に「意図せず違反」と謝罪
  • 金融当局もホルタオソリオ氏の違反を把握、クレディSに連絡
Antonio Horta-Osorio, chairman of Credit Suisse Group AG, during a Bloomberg Television interview at the company's offices in London, U.K., on Thursday, Nov. 4, 2021. 

Antonio Horta-Osorio, chairman of Credit Suisse Group AG, during a Bloomberg Television interview at the company's offices in London, U.K., on Thursday, Nov. 4, 2021. 

Photographer: Chris J. Ratcliffe/Bloomberg

スイスの銀行クレディ・スイス・グループは、アントニオ・ホルタオソリオ会長が新型コロナウイルス対策で定められている隔離規則に違反した事実を認め、「遺憾だ」と表明した。

  ホルタオソリオ氏はスイスの隔離規則に「意図せず違反」し、隔離期間終了前の今月1日にスイスを出国したとして謝罪した。

Credit Suisse Group AG CEO Thomas Gottstein And Chairman Antonio Horta-Osorio Interview
アントニオ・ホルタオソリオ会長
Source: Bloomberg

  スイスの金融市場監督機関であるFINMAはホルタオソリオ氏の違反を把握しており、クレディ・スイスと連絡を取っていると電子メールで説明した。詳細については言及していない。

  スイス紙ブリックによれば、同氏は11月28日に英国からスイスに帰国し、規則に従い10日間の隔離が求められていた。地元の州当局および連邦政府からは特別免除はなく規定通りの隔離期間を過ごすよう指示があったという。

  同紙は事情に詳しい関係者の話を基に、当局の指示があったにもかかわらずホルタオソリオ氏はプライベートジェットで出国したと伝えた。関係者の氏名などは明らかにされていない。非公開情報だとして匿名を条件に述べた関係者の1人は、商用目的での出国だったと説明した。 

  スイスの新型コロナ対策では意図的に隔離を逃れた場合は法律違反となり、禁固刑もしくは最大1万フラン(約123万円)の罰金が科される可能性がある。過失による違反の場合は、最大5000フランの罰金となる。

原題:Credit Suisse Chairman Horta-Osorio Broke Quarantine Rules (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE