コンテンツにスキップする

中国恒大の問題、市場志向で対応へ-人民銀総裁

  • 債権者と株主の権利と利益、法的な優先順位に従って完全に尊重へ
  • 中国当局には中国恒大を救済するつもりはないとあらためて示唆

中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は9日、不動産開発大手の中国恒大集団が債務を履行できないのは市場の問題であり、市場に基づくやり方で扱われることになると述べた。

  易総裁は香港に関するセミナー向けに事前収録したビデオメッセージで、「債権者と株主の権利と利益は法的な優先順位に従って完全に尊重される」と語った。

  こうした発言は中国当局には3000億ドル(約34兆円)の負債を抱える中国恒大を救済するつもりはないとあらためて示唆している。

Evergrande's dollar bonds are close to record lows
 
 

  この日のセミナーは国際金融センターとしての香港の未来に関するもので、易総裁は香港が効果的な制度を確立し、こうした問題に対処する法的準備をうまく整えていると指摘した。

原題:Evergrande Crisis to Be Dealt With by Market, PBOC’s Yi Says (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE