コンテンツにスキップする

ドルLIBOR公表停止に向け米下院が法案可決-混乱回避狙う

米下院は8日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の公表停止に伴う混乱の回避を狙った法案を可決した。代替指標金利への秩序ある移行を確実にするための法整備の一環。

  同法案は賛成415票、反対9票で下院を通過。ドル建てLIBOR公表停止時の訴訟急増を防ぐ取り組みとして、住宅ローンや企業融資、学生ローンなどを含むLIBORを用いた契約を代替金利に移行させるこの法案は上院に送られる。

関連記事:

原題:Libor Fix Wins House Support in Drive to Avert Transition Chaos (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE