コンテンツにスキップする

仮想通貨が中南米で最も魅力的な投資分野なのは明白-ソフトバンクG

  • ソフトバンクG中南米ファンドのマネジングディレクターが語る
  • 世界の才能豊かな人が仮想通貨事業に進んでいると説明

ソフトバンクグループの中南米ファンドでマネジングディレクターを務めるパウロ・パッソニ氏は、同地域で最も魅力的な投資分野が暗号資産(仮想通貨)であることは「明らか」だとの見解を示した。

  合わせて50億ドル(約5700億円)規模の資産を運用する中南米ファンドの一つは約10%を仮想通貨関連資産に投資していると同氏は説明。一部の仮想通貨は過大評価されているものの、この戦略を自分は支持すると述べた。

  同氏はコンサルティング会社ユーラシア・グループ主催の8日のウェブキャストで、「もちろん中には取るに足らないものもあり、全ての仮想通貨が市場の評価ほどの価値があるわけではない」としながらも、「現在、世界で起きている動きの中で最も重要だと考えている」と説明した。

  ソフトバンクGは中南米投資を拡大してきた。同社は今年9月、中南米のユニコーン(企業価値10億ドル以上の未公開企業)25社のうち、デリバリーアプリを手掛けるコロンビアのラッピやブラジルのジム会員アプリ運営のジムパスなど15社に出資したと明らかにした。

  ソフトバンクGは仮想通貨交換業者メルカド・ビットコインを傘下に置くブラジルの2TMパルチシパソンエスにも出資している。2TMは先月、500万ドルを調達した。

関連記事:

ソフトバンクG、2本目の中南米ファンド設立-30億ドル規模

ソフトバンクG出資のブラジル企業2TM、約57億円調達

 

  パッソニ氏は「『才能ある人について行け』という投資の古い格言があるが、世界で最も才能豊かな人たちは仮想通貨関連のプロジェクトに進んでいる」と語った。

原題:

Crypto Is the ‘Obvious’ Latin America Investment, SoftBank Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE