コンテンツにスキップする

ソフトバンクG、サイバー企業クラロティーの4億ドル調達を主導

サイバーセキュリティー企業クラロティーは8日、ソフトバンクグループを中心とする投資家から4億ドル(約455億円)を調達したと発表した。

  ニューヨークに本社を置き、さまざまな産業のインターネット接続機器を保護するサービスを提供するクラロティーは、ヘルスケア分野で同様のサービスを提供するイスラエル企業メディゲート買収でも合意した。

  既存投資家のベッセマー・ベンチャー・パートナーズとシュナイダー・エレクトリックも、今回の資金調達ラウンドでソフトバンクGのビジョン・ファンド2(SVF2)に加わった。クラロティーによるこれまでの資金調達額は6億3500万ドルに達した。

  ソフトバンクGのイスラエル事務所責任者ヨッシ・コーエン氏がクラロティーの取締役会メンバーとなる。

原題:SoftBank Co-Leads $400 Million Investment in Cyber Firm Claroty(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE