コンテンツにスキップする

ウクライナ侵攻なら報い、バイデン氏はプーチン氏に言明したと表明

  • 米国、NATO諸国とロシアの懸念について協議する意向
  • プーチン氏、7日の会談は「極めて率直で内容が濃く、建設的」

バイデン米大統領は7日の電話会談でロシアのプーチン大統領に対し、ウクライナ侵攻なら北大西洋条約機構(NATO)加盟国への増援を含む「深刻な結果」を招くことになると言明したことを明らかにした。

  バイデン氏は「かつてなかったような、あるいは導入されたことがない経済的な措置を伴う」ことになると発言。「NATO諸国での米軍のプレゼンス強化も恐らく必要になるだろう。とりわけ東部国境の安全を確保するためだ」と続けた。

  さらに「ウクライナに国防能力を提供することになる」点も明確に伝えたと述べた。

  バイデン氏は、ロシアとの今後の会議を10日までに発表したいとしている。プーチン氏が抱くNATOへの懸念については「NATO主要加盟国の少なくとも4カ国」と協議する意向も示した。

  一方、プーチン氏は8日にソチで記者団に対し、バイデン氏との協議は「極めて率直で内容が濃く、建設的」だったと説明。ロシアはウクライナの将来的なNATO加盟を危惧しているとし、「われわれの懸念に、少なくとも今回は対応してもらえるとの前提で臨む」と述べた。米ロ両国で問題を詳細に検証する機関を発足させることに合意し、ロシアは1週間以内に案を提出するとも明らかにした。

原題:

Biden Says He Was Clear Putin Would Pay for Ukraine Invasion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE