コンテンツにスキップする

アマゾンのAWSサービスで障害、米国内の商品配送に影響及ぶ

  • サービスの大半は復旧-米東部時間7日午後6時少し前の時点
  • ホリデー商戦のさなか、配送に影響するトラブル発生

アマゾン・ドット・コムのクラウド部門アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)で7日、障害が発生し米国内の商品配送に影響が及んだ。事情に詳しい関係者4人が明らかにしたもので、ドライバーが配送ルートの割り当てや荷物を受け取れないなどの問題が起きた。ホリデー商戦のさなか、同社には手痛いトラブルだ。

  アマゾンから配送を請け負う業者3社によれば、配送ドライバーと連絡に使うアマゾンのアプリがダウンした。同社から連絡を得られないため、本来なら配送ルートを回っているはずの車両は駐車したままだと、関係者の1人は話した。別の関係者によれば、個人契約するドライバーもアプリにログインできなかったという。

An Amazon Fulfillment Center On Cyber Monday
米ニュージャージー州のアマゾン配送センター
Source: Bloomberg

  アマゾンは7日午後遅く、AWSのサービスの大半は復旧したと説明。米東部時間午後6時(日本時間8日午前8時)少し前時点のダッシュボードで、一部ネットワーク機器の不具合を引き起こした「根底の問題を和らげた」とコメント。「大半のAWSサービスで利用の改善が見られる」としている。配送業務の問題についてはコメントしていない。

  ネット上のサービス障害をモニターするダウンディテクターによると、AWSの問題は米東部時間7日午前10時頃に発生。ピーク時にはアマゾン関連の苦情が2万件余り、AWS関連でも1万1000件余りが報告された。また、コインベース・グローバルやロビンフッド・マーケッツ、ウォルト・ディズニー、ネットフリックスなどが運営する人気ウェブサイトにも影響が及んだという。

原題:Amazon Packages Pile Up as AWS Outage Spawns Delivery Havoc (3)(抜粋)

 

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE