コンテンツにスキップする

アップル株が最高値、モルガンSも目標株価を200ドルに引き上げ

  • ウェドブッシュと並ぶウォール街で最高の水準
  • 仮想現実と自動運転車の新たな製品分野が追い風に-モルガンS

アップルの目標株価をウォール街で最も高い水準に設定する企業が2社に増えた。目標株価を今回引き上げたモルガン・スタンレーは、仮想現実(VR)と自動運転車の新たな製品分野が追い風になると分析している。

  ブルームバーグのデータによると、アナリストのケイティー・ハバティ氏は目標株価を200ドルと、従来の164ドルから引き上げ、ウェドブッシュと並ぶ最高水準にした。投資判断は「オーバーウエート」。7日の株価終値は3.5%高の171.18ドルと過去最高値を更新。時価総額は3兆ドル(約340兆円)に接近している。

  アップルは秘密主義のため投資家は新製品の価値を見積もるのに苦労しているが、ハバティ氏は拡張現実(AR)やVR、自動運転車が最終的に株価に織り込まれると予想しており、アップルは「質への逃避」によるハイテク株買いの恩恵も受けると指摘している。

  同氏はリポートで「新製品・サービスからいずれ着実で実体のある売り上げ寄与があるにもかかわらず、アップル株には今後の新製品投入の効果が織り込まれていないようだ」とし、「向こう1年にAR・VR製品の投入が近づくにつれ、こうした状況に変化があるだろう」と論じた。

Apple's shares have hit a series of records amid greater market volatility
 
 

 

  ハバティ氏はアップルの10-12月期予想も上方修正した。生産面での混乱が緩和し「iPhone(アイフォーン)」の供給が改善すると指摘した。

原題:Apple Gets Another Street-High Target on Virtual Reality Boost、Apple Jumps to New High, Puts $3 Trillion Value Within Reach (1)  (抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE