コンテンツにスキップする

バイデン大統領、オマロバ氏の通貨監督庁長官指名を取り下げ

  • 大統領はオマロバ氏からの指名撤回要請を受け入れた
  • ウォール街などに批判的で民主党中道派の支持得るには異論多く

バイデン米大統領は、ソーレ・オマロバ氏の通貨監督庁(OCC)長官指名を取り下げた。ホワイトハウスが7日の声明で明らかにした。バイデン氏はオマロバ氏に対する「不適切な個人攻撃」があったとし、同氏からの指名撤回の要請を受け入れた

  ウォール街や暗号資産(仮想通貨)を厳しく批判するオマロバ氏の指名をウォーレン上院議員ら民主党進歩派は歓迎していたが、共和党や銀行業界ロビイストから激しい反対の声が上がるとともに、上院での承認獲得に必要な民主党中道派の支持を得るにはあまりにも異論が多いと受け止められていた。

バイデン大統領、通貨監督庁長官にオマロバ氏指名-大手銀行に批判的 

  バイデン政権は、国法銀行の監督に当たるOCCの長官候補の人選をやり直すことになる。

  オマロバ氏に批判的な勢力は同氏が旧ソ連時代のカザフスタン生まれであることやモスクワでの教育、コーネル大学法科大学院教授として金融システムの抜本的改革を提唱する学術研究などを特に問題視していた。

原題:Biden Bank-Watchdog Pick Bows Out Amid Doubts From Democrats (1)

Omarova Withdraws Name to Lead OCC Banking Watchdog(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE